カラーミーショップでネットショップを開店

可能なカスタマイズ


カラーミーショップはカスタマイズの自由度が高く、他のショッピングモールやネットショップサービスではできないデザインが実現できます。



編集ができないのは<head>タグの中だけなので、デザイン力やHTMLの知識があればカラーミーショップを使っていることがわからないくらいオリジナリティの高いショップページになります。

またsmartyという仕組みを使って動的なページが作成できるので、同じページでも条件によって表示内容を変更するといったことも可能です。



参考までにカラーミーショップを使ったショップの中からすばらしいデザインのショップページをいくつかご紹介しておきます。

知識と技術次第でここまでのものが作れます。

これはカスタマイズに制約の多い他のサービスではマネのできない利点です。

カラーミーショップにおけるカスタマイズ範囲


デザインのカスタマイズはメニューのお店をつくるからサブメニューのデザインを設定するを選ぶところから始まります。





このメニューのデザイン設定で最初に編集を行うテンプレートを選択します。



一覧の左端に赤いフラッグがついているのが、今現在お客様から見えているテンプレートです。





編集したいテンプレートのデザイン設定ボタンをクリックします。



編集は初級モードと上級モードがあり、それぞれできることが違います。

初級モードはHTMLなどの知識が必要ありませんが変更できる範囲も少なく、文字の大きさや線の色などぐらいしか変更できません。









カラーミーショップの真髄は上級モードにあります。

こちらはHTMLとCSSの中身をそのまま自在に編集ができるからです。









HTMLとCSSがわかる人ならこれらを編集して自分の思い通りのレイアウトやデザインを実現できます。

HTML編集の欄に所々出てくる見慣れない記述がsmartyの構文です。

if文で『もし○○が××だったら△△を表示する』のような表示の仕方や、ループを使って『○○を×回繰り返して表示する』といった表示の仕方が可能です。



また、<{ $shop.shop_name }>といった独自タグもあちこちに確認できます。

独自タグはカラーミーショップ独自の仕組みです。

プログラムがわかる方なら変数みたいなものと言えば話が早いでしょう。

<{ $shop_name }>を例に取ると、このタグをHTML内に記述することでその場所にショップのタイトル(ショップ名)を表示させることができます。

もちろん文字列でショップのタイトルをそのまま記述しても良いのですが、そうするとショップのタイトルを変更するたびにHTMLを書き換える必要があります。

しかし<{ $shop_name }>のタグを書いておけば、ショップ情報のタイトル設定を変更した時に自動的に表示も変わるようになるのです。

2、3箇所だけなら手作業で書き換えても大した労力ではないかもしれませんが、ショップ中のタイトルを全部手動で書き換えるのは大変です。

<{ $shop_name }>のタグで統一しておけば、大元のショップタイトル設定を変更するだけで全てのページが一度に書き換わります。



これが効果を発揮するのが例えば商品詳細ページです。

商品詳細ページには商品名や販売価格など商品ごとに異なる情報がたくさんあります。

商品数が多くなればなるほど手作業で書き換えるのは大変になりますが、商品詳細ページの中を独自タグで構成しておけば後は商品情報を読み込んではめ込むだけで各商品ごとのページができあがります。

そのため、商品詳細ページは1ページしか作成する必要がありません。

カスタマイズする時もテンプレートの1ページを編集すれば全ての商品詳細ページに変更が反映されます。



話が横道にそれましたが、この独自タグの部分をショップ側が自由に使えるということがカラーミーショップのカスタマイズ性が高い理由です。

他のサービスでも当然同じ仕組み(テンプレートに変数を使用して商品データを差し込み)は利用していますが、その中身のコードまで公開しているサービスはほとんどありません。(あってもいろいろと制約が多い)



自由度の高いシステムなので「せっかくだからオリジナリティあふれるキレイなショップページにしたい」と考えるのは当然です。

しかしデザインに固執するあまり他の部分がおざなりになったり時間をかけすぎるのはもったいないです。

ショップの目的は売ることであってキレイなページを作ることではありません

大事なのは過不足なく正確な情報を伝えることであり、売上と利益を上げることです。

キレイなページは目的を達成するための手段のひとつに過ぎないことを認識しましょう。

極論を言えばテンプレートそのままのショップページでも商品に魅力があれば十分売れます。

逆にいくらデザインがすばらしいページでも商品に魅力がなければ売れません。

もちろん商品に魅力があってデザインの優れたショップが最も良いのは言うまでもありません。

しかしデザインに時間を費やしてショップのオープンが遅れてしまっては本末転倒です。(ショップを開いた後からデザインはいくらでも変更できるのですから)

最悪なのはデザインに時間と労力を費やしたあげく商品が全然売れなかったというパターンです。

商品が売れ始めてからデザインに力を入れても遅くはないかと。


 
ホーム 機能 プラン 費用 申込手順 導入手順