カラーミーショップでネットショップを開店

運営手順の確認


次に実際の運営の手順を確認します。



ショップの体裁が整ったので、実際にテスト購入をして受注から出荷までの流れをシミュレーションしておきます。

ショップ側の管理イメージとあわせて、お客様から見た時のショップからのレスポンスについてもチェックしましょう。

※ショップメールの設定が完了してメールソフトで受信ができるようになっていますか?メール受信ができないとシミュレーションになりません。

これをないがしろにしてオープンしてからいきなりぶっつけ本番でやるとミスやトラブルの原因になります。

テスト注文の入力


まず最初にお客様からの注文入力が全ての始まりです。

ショップの画面(公開するショップページ)を開いて登録した商品のページまで移動します。














カートに商品を入れます。





レジへ進みます。



お客様情報を入力します。(自宅住所とかで良いでしょう)





このとき注意したいのはメールアドレスです。

フリーメールアドレスでも良いので、必ずショップメールアドレス以外のアドレスを入力しましょう。

ショップメールアドレスをここに入力するとショップ側として受け取るメールとお客様側として受け取るメールが同じアドレスに届くため、訳がわからなくなります。





配送設定を入力します。

テストなので特に変更はしなくても良いです。






お支払い方法の設定を入力したら、最後に確認して完了です。







入力完了後、ショップからの自動送信メールが到着します。

管理画面での注文確認


今度はショップ側です。








お客様からの注文があると受注管理メニューの受注管理(未処理分)の画面にこんな感じで件数が表示されます。

これが注文を受けたばかりの状態です。



受注メール未送信の欄にある件数をクリックするとその一覧が表示されます。





売上IDをクリックすると注文の詳細がポップアップで表示されます。



注文の受付


この注文を受注する場合は一覧の左にあるチェックボックスにチェックを入れて、一覧の下にあるボタンをクリックします。





お客様に受注メールを送信する場合は受注管区人+受注メール送信のボタンを、メールを送信しない場合は受注確認のみのボタンを選びます。





通常は受注メールを送信するショップが多いと思います。



受注確認を処理すると、受注欄の件数が減ります。




注文者が受注メールを受け取る


同時にメールを送信している場合はお客様のアドレスに受注メールが届きます。

銀行振込の場合、このとき送信するメールに銀行の口座情報が自動で差し込まれます。





商品代引の場合は入金確認作業がありませんのでこのまま商品を出荷しますが、銀行振込であれば入金が確認できてから次の行程に移ります。

入金確認後(前払いの場合)の入金メール送信


お客様からの入金があったと想定して話を進めます。





入金の未入金欄にある件数をクリックすると未入金状態の受注データ一覧が表示されます。





受注確認の時と同じようにチェックボックスにチェックを入れて下のボタンをクリックします。

 

注文者が入金メールを受け取る

これでお客様メールアドレスに入金連絡のメールが届きます。





あとはお客様のところまで商品が届くのを待つばかりですが、今回はシミュレーションなので実際の発送はしません。



これで注文の流れは確認できたと思います。

ここまでを30日間の無料お試し期間で終わらせることができれば十分でしょう。

無料お試し期間が残っているようならその他の設定をしたり、ショップページのデザインに手を入れても良いと思います。

関連ページ

ショップ情報の登録
カラーミーショップでお店をつくる際、まずは基本となるショップの情報を登録しましょう。
決済の設定をする
ネットショップに取って大事な決済手段の設定です。カラーミーショップでは簡単に決済方法を設定できます。
配送を設定する
ネットショップでは商品お届け方法も大事な設定。カラーミーショップでは時間指定や複数の配送方法を設定する事もできます。
メールの設定をする
お客様との大事なコミュニケーションツールであるメールの設定はこちらで行います。
デザイン設定をする
カラーミーショップ最大の売りはデザインカスタマイズの自由度。サイトデザインはこちらから設定します。
商品を管理する
ネットショップで販売する商品の登録や設定を行います。カラーミーショップでは項目を埋めていくだけで商品ページが自動で作成されます。

 
ホーム 機能 プラン 費用 申込手順 導入手順