カラーミーショップでネットショップを開店

カラーミーショップの良いところ

機能の割に料金がリーズナブル


ネットショップを作り、運営していくための必要な機能が一通りそろっている割には同種のサービスと比べて料金が安いです

受注管理・在庫管理・顧客管理などの各管理機能や、メールマガジン発行・会員機能・ショップブログやモバイルサイト(スマホサイト)の作成もカバーし、配送方法や決済方法についても独自の設定が可能です。

もちろん機能面だけで言えばカラーミーよりもさらに高機能なサービスはありますが、コストパフォーマンスの面から考えるとかなり優良なサービスです。

ただ、ここのところ機能追加は上位プランのみが対象になっているなど、相対的にコストパフォーマンスの悪化が感じられます。


デザインのカスタマイズが自由


ほとんどのショッピングモールやネットショップサービスではHTMLのカスタマイズが出来ても一部分だけに限られていたりと制約が多いです。

自由なデザインでショップサイトを作りたくても、ショッピングモールでは必ずモールのヘッダが表示されてしまいますし、ショップ全体のレイアウトも似たり寄ったりのお店が多いというのをお気付きだと思います。


では他のASPならどうでしょう?
もちろんショッピングモールに比べると自由度が高くはなります。しかしそれでもやはり自由に動かせるのは例えば『おすすめ商品一覧』とか『新着情報』のように特定のパーツの配置しか選べなかったり、特定のパーツの中身をカスタマイズすることはできても配置場所は変更できなかったりということが多いです。

これはHTML等の知識がない初級者にとって非常にお手軽で便利な反面、どこかで見たようなオリジナリティのないお店が量産されることにつながります。


その一方でカラーミーはカスタマイズできる範囲がとても広く、知識と技術があればパッと見で完全オリジナルのホームページを作ることができます。

実際カラーミーショップでカスタマイズしたショップサイトは、ASPを使っていることがわからないくらい独自色を出すことができるというのが特色です。 → カスタマイズ例はこちら


マニュアルが充実している


マニュアルが実際の画面キャプチャ付きでとてもわかりやすく、大抵のことはマニュアルを読めば解決します。

管理画面上の「マニュアル」リンクをクリックすると、その画面(機能)に対応したマニュアルのページを開いてくれるので、探す手間も省けて助かります。


管理画面が直感的でわかりやすい


管理画面はアイコンが多用され、適度に操作説明が画面上にちりばめられているのでわかりやすいです。

管理者は楽天とYahoo!にも出店していますが、管理画面の操作性や視認性は(あくまでも個人的評価ですが)

【GOOD】 カラーミー  >  Yahoo!  >  楽天 【BAD】です。


顧客情報をショップの資産にできる

大手ショッピングモールではメールマガジンに登録してもらったお客様のメールアドレスはショップには提供されません。

継続してショッピングモールを使う時は問題になりませんが、いざモールを抜けようとした時にそれまで収集したメールアドレスは持ち出せないので一からまたメールマガジンの読者を募る必要があります。

カラーミーはメールマガジンの読者情報を自分のショップで管理できるので、将来的にカラーミーから他のサービスに乗り換える時でもメルマガ読者をそのまま引き継ぐことができます。


顧客の情報というのはネットショップに限らず商売をする上で無形の資産となります。

実際にショップを運営してみるとわかりますが、一からお客様を開拓する、あるいは得意客としてお店のファンになってもらうには長い時間と手間、そして信用の積み重ねが必要です。

もしショッピングモールのように退店時に顧客リストを持ち出せないとなると、それまで積み上げた実績をまた一から積み直す必要があります。本当に馬鹿馬鹿しいと思いませんか?


少なくともカラーミーショップならそんな事にはなりません。顧客情報はあくまでもショップのものですから。(普通はこれが当たり前のことなんですけどね)


デジタルコンテンツの販売が可能


カラーミーショップなら画像・動画・音源・プログラムなど、デジタルコンテンツの販売が可能です。


デジタルコンテンツの販売に対応というのは実は結構希有な機能です。

他のショッピングモールやネットショップのサービスを見回してみてもダウンロード販売に対応しているところはほとんどありません。

イラストや自作の音楽、漫画や小説など、他のネットショップサービスでは取り扱えない商材でもカラーミーなら販売できます。

カラーミーショップの悪いところ

ショップの宣伝は全て自分で行わなければならない


カラーミーショップに限った話ではありませんが、最初から高い知名度と多くの訪問者があるショッピングモールと違い、ASPを使った場合集客を一から自分でやる必要があります

ショッピングモールではモールの運営会社がテレビ広告や雑誌広告、ネット広告を出すことで集客をある程度行ってくれます。

そのため、モールに出店さえすれば少なくともアクセスが1件もないといった事態には陥りません。(ただし、売上につながるほどのアクセスがあるとは限りませんが)


一方、カラーミーショップをはじめとするASPというのは基本的にネットショップの機能を提供するのであって集客はサービスに含まれていないのです。

集客まで面倒を見るとその分サービスの利用料金が高くなってしまいますから、安価にショップを作りたい人間にとってはその方が良いのですが、自分で集客や販促ができない(方法がわからない)ショップの場合はお店開いたけど誰も来てくれないということもありえます。


どうやって集客を行うのか?
いつ広告を出せば良いのか?
そこにどれくらい費用をかけるのか?
効率的な宣伝方法は?


それらは全て自分で調べ、考え、試行することが求められます。

これまでWebサイトやブログを作り、ある程度のアクセスを集めることに成功している人なら、その経験がきっと活きることでしょう。


要望へのレスポンスが遅い


もともと十分な機能を持ってはいますが、日進月歩のこの業界では次々と新しい機能や要望が発生します。

カラーミーの場合、この要望への反応が非常に悪く腰が重いようです。

Yahoo!ショッピングのように機能追加の度にディグレートを起こすよりは遙かにマシですが、このままだと周りに置いて行かれて時代遅れのサービスになりそうで少し不安です。

 

最近は「お願い!カラーミー」という利用者から要望を吸い上げる体制を整え、機能追加にも積極的になってきています。

「お願い!カラーミー」が無くなり、要望は個別フォームから送信するようになっています。機能追加・改善は行われていますが、以前のように開発中機能の選定・進捗が可視化されなくなりました。


以前は「安いんだから仕方ない」と諦めることもできましたが、最近はカラーミーも高額プランにシフトしつつありますので……。


 
ホーム 機能 プラン 費用 申込手順 導入手順