カラーミーショップのサービスで儲けは出るか?

結論から言うと

結論から言うと儲けることはできます

 

ただし、誰でも儲かるわけでもないですし、何を売っても儲かるというわけでもありません

 

結局のところ楽天などのショッピングモールでも、カラーミーショップのようなサービスでも、提供してくれるのは道具としてのシステムであって、経営のノウハウでもなければ売れ筋商品の仕入ルートでもありません。

 

例えるのならスポーツ用品や料理道具のようなものです。

素人が普段使いするような道具もあれば、プロが使う専門的な道具もあります。

 

プロ野球選手用のバットを使えば誰でもホームランが打てるようになるわけではありませんし、逆にプロの料理人がホームセンターで売っている安物の包丁を使ったからといってまずい料理ができあがるわけではありません。

「カラーミーショップだから売れない」ということはない

管理人はカラーミーショップで独自ドメインのお店を、そして楽天やYahoo、Amazonにも出店しています。
それぞれ顧客層に違いがありますし、同じ売り方をしても反応が違うため、どれも全く同じとは言いません。商材によって向き不向きも当然あります。
ですがやはり基本的なところでは共通することが多いですし、楽天だから売れる、カラーミーショップだから売れないということはないのです。

 

だから管理人は楽天やYahooといったショッピングモールへの出店を否定するつもりもありません。
資金的な余裕があるのなら多店舗展開するのも良いと思います。

 

ただ、楽天・Yahoo!とカラーミーショップの比較でも述べた通り、ショッピングモールでは結構な額の使用料や手数料を支払わなければなりません。
Yahooは現在クレジット決済の手数料やポイント原資のみで利用が可能ですが、楽天は月額の使用料に加えて売上金額の数パーセントを支払う必要があります。Amazonの場合は一部のカテゴリをのぞいて売上金額の15%が手数料となります。

 

それらに比べると、カラーミーショップというのは非常にコストパフォーマンスが良い選択肢なんです。
超一流品ではないけれど、お手軽価格で購入できる一級品といった感じでしょうか。

 

→ カラーミーショップの費用

なぜそこであえてカラーミーショップなのか?

カラーミーショップは月々1000円程度で使えるサービスとしては非常に優れた機能を多数持っています。

 

最初から人を雇って会社組織を作り、潤沢な資金を宣伝広告に使えるという状況なら問題無いでしょう。
でも主婦の方がちょっとした副業でとか、ネットオークションをしていた方がショップ販売に移行するとか、学生の方が起業するためとか、そういった場合はポンっと10万円以上のお金を投資するのも躊躇(ちゅうちょ)すると思います。

 

他にも性格的に「失敗したときのダメージを極力小さくしたい」という慎重な方や、「おこづかい稼ぎで十分」といった小規模なショップを考えている方にはショッピングモールの費用は負担が大きいでしょう。

 

そんな方にこそ、月額1000円前後で利用できるカラーミーショップをおすすめしたいのです。

 

最小構成なら月額1000円の3ヶ月契約ですから、負担額は3000円+消費税です。
これくらいならちょっとカラオケに行ったり、飲みに行ったりするのと金額的には変わりません。

 

小さな規模で身の丈に合ったショップを作れる。(しかも意外に高機能)
これがカラーミーショップをおすすめする理由です。

身の丈に合ったコストが利益確保への近道

例えば、あなたが町内会の催し物でかき氷を売るとしましょう。

とことんこだわりをもって、使う氷は南極から取り寄せた天然氷! 一杯一杯を職人さんが手作業で削る究極のかき氷!
なんて事していたら、利益を出すためには一杯5000円とかじゃないときっと採算が合わないと思います。(そもそも町内会レベルでそんな高額かき氷は売れないでしょうけど)

 

でも普通に氷の卸問屋さんからかき氷用の氷を購入して、電動のかき氷機で作れば一杯300円くらいでもおそらく採算が取れます。

 

費用や初期投資を抑えることで、利益を出すためのライン(損益分岐点)を下げる。どんな商売でも費用を抑えればそれだけ利益が出やすくなる、儲けを得るためのハードルが低くなるわけです。
そのための手段としてカラーミーショップの利用を考えてみてはどうでしょうか?


 
ホーム 機能 プラン 費用 申込手順 導入手順