カラーミーショップでネットショップを開店

カラーミーショップ用語解説

Color Me Shop! Pro

カラーミーショップの旧サービス名。
2010年9月に現在の【カラーミーショップ】へ改称した。




Color Me Shop! mini

paperboy&co. が運営するレンタルサーバ【ロリポップ】の機能の一つ。
カラーミーショップの簡易版サービス。
ロリポップ利用者は(プランにもよるが)Color Me Shop! miniを利用することができる。




Epsilon(イプシロン)

paperboy&co.と同じくGMOグループ傘下の会社で決済代行サービスを提供している。
グループ会社の割にはカラーミーショップとのシステム連携が悪く、カート落ちを発生させている要因の一つ。




GMOグループ

レンタルサーバ事業やドメイン事業などを多く抱えるGMOインターネット株式会社傘下のグループ。
GMOはグローバルメディアオンラインの略らしい。




GMOとくとくポイント

GMOグループのサービスでショップを開いている1万7千店(2011年7月18日時点)のショップで貯めたり使ったりできる共通ポイントサービス(参加はショップの任意)。




GMOとくとくポイント共通ヘッダー

カラメルに出店しているショップの最上部に表示される共通のヘッダー。
カラメルに出店している場合は必ず表示される。
デザインが変更できないため「ショップのデザインが台無しだ」と一部の利用者からは不満の声があがっている。




paperboy&co.

カラーミーショップの運営会社。上場するまでと上場してからではまるで別会社。




smarty

カラーミーショップのサービスを形作るテンプレートエンジン。MVCのV。JSPみたいなもの。
よくわかんない人はプログラムみたいなもん程度の認識で良いと思う。
smarty(というかPHP)が理解できればカラーミーショップのカスタマイズ性の高さを存分に活用することができる。




アクセスプラス

スモールプラン以上には標準装備のアクセス解析機能。
グラフィック的な表示がとてもわかりやすく日本人好みのインターフェースは好感が持てる。




売上ID

=受注番号。
一件の注文に対して一意に割り当てられる番号。
ショップごとの連番ではなくカラーミーショップ全体の連番になっている模様。
出店者が増えれば増えるほど番号の増加スピードが速くなり、桁も増えてゆく一方というそら恐ろしい仕様。




会員

=マイアカウント=ユーザー。
用語がぶれまくっているので混乱するが要は全てショップの会員のこと。
会員ログインすれば登録済みの住所をそのまま使えたり、ショップ側の設定次第で会員専用ページや価格を表示させることが可能。




カラメル

カラーミーショップ利用者だけが出店できるショッピングモールサイト。
出店する場合、月額利用料はかからないが売上に応じてロイヤリティが発生する。




仮ポイント

ショップの会員に付与されるポイントはショップ側でポイント確定をしなければ使えない。
確定前の使えないけど付与される予定のポイントのことを仮ポイントと呼ぶ。




受注番号

=売上ID。明らかに同義語なのに、何で用語が統一されていないのかどうにも釈然としない。
開発メンバー間で意識をあわせるための用語辞書とか最初に作らなかったのだろうか。




独自タグ

HTML文内に独自タグを記述することで商品名や価格などを動的に呼び出して、ひとつのテンプレートページで多数の表示ページをまかなうことができる。
誤解されるのを承知の上で言えば独自タグさえ記述しておけばあとは勝手にそこへ商品名や価格を表示してくれる仕組み。
smartyにおける変数部分を独自タグと呼んでいる模様。




フリーページ

商品詳細ページや一覧ページのように標準で用意されているページ以外にショップが独自で作成できるページのこと。
キャンペーンページや商品の特設ページなど、使い方はショップ次第で自由。
他のサービスではカスタムページとか呼ばれることもある。




マイアカウント

=会員=ユーザー。
明らかに同義語なのに、何で用語が統一されていないのk(ry




ユーザー

=会員=マイアカウント。
明らかに同義語なのn(ry


 
ホーム 機能 プラン 費用 申込手順 導入手順